コトログ京都

孤篷庵(大徳寺) - 【完全版】2019年京都観光の穴場937選!

現在地から探す
こほうあん

孤篷庵(大徳寺)

孤篷庵は大徳寺の塔頭。1612年(慶長17年)に小堀遠州が龍光院に小庵を設けたもので、後に江月宗玩(こうげつそうがん)を開山として現在地に移りました。大徳寺よりすこし西へ離れたところにあり、現在は紫野高校の横にあり日中は学生たちのにぎやかな声が聞こえてきます。

孤篷の「孤」はただひとりであることを意味し、一隻水面に浮かぶ舟を連想させます。庇下の中敷居の上に明障子を入れ、下方を吹き放ちにした茶室の忘筌席(ぼうせんせき)が有名でぜひ一度訪れたい名所です。普段は非公開。

地図で見る

孤篷庵

創建 1612年(慶長17年)
住所 京都市北区紫野大徳寺町66

交通アクセス

京都市バス 佛教大学前
徒歩3分程度
京都市バス 今宮神社前
徒歩4分程度

見所

高桐院
高桐院こうとういん
大覚寺の塔頭寺院。1590年(天正18年)に細川忠興(三斎)が父の細川藤考の弔…
養徳院
養徳院ようとくいん
大徳寺の塔頭。1394~1428年(応永年間)、足利義満の弟、足利満詮(あしかが…
三玄院
三玄院さんげんいん
大徳寺の塔頭。1589年(天正17年)に浅野幸長(長政の長男)、石田光成、森忠…
龍翔寺
龍翔寺りゅうしょうじ
大徳寺の塔頭寺院。後宇多法皇により大応国師(南浦紹明)を開山として1309…
大光院
大光院だいこういん
大徳寺の塔頭。1592年(文禄元年)に豊臣秀吉の弟である羽柴秀長の菩提寺と…
聚光院
聚光院じゅこういん
大徳寺の塔頭。1566年(永禄9年)に三好義継(みよしよしつぐ)が義父三好長慶…
金毛閣
金毛閣きんもうかく
大徳寺の山門は応仁の乱後、1529年(享禄2年)に柴軒屋宗長の寄与により再建…
黄梅院
黄梅院おうばいいん
大徳寺の塔頭。1588年(永禄5年)に父信秀の菩提を弔うために織田信長が寄与…
玉林院
玉林院ぎょくりんいん
大徳寺の塔頭寺院。1603年(慶長8年)に後陽成天皇の待医であった曲直瀬正琳…
芳春院
芳春院ほうしゅういん
大徳寺の塔頭。1608年(慶長13年)、前田利家の夫人が玉室宗珀(ぎょくしつそ…
大仙院
大仙院だいせんいん
大徳寺の塔頭。1513年(永正10年)に六角政頼が子の古岳宗亘(こがくそうこう…
真珠庵
真珠庵しんじゅあん
大徳寺の塔頭。1429年~41年(永亨年間)、一休宗純を開祖として創建した塔…
龍源院
龍源院りゅうげんいん
大徳寺の塔頭。1504年(永正元年)に東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開山とし…
正受院
正受院しょうじゅいん
大徳寺の塔頭。1532~55年(天文年間)に清庵宗胃(せいあんそうい)が開山と…
興臨院
興臨院こうりんいん
大徳寺の塔頭。1521~28年(大永年間)に小渓紹怤(しょうけいじょうふ)を開…
瑞峯院
瑞峯院ずいほういん
大徳寺の塔頭。1535年(天文4年)、大友宗麟(おおともそうりん)が徹岫宗九(…
総見院
総見院そうけんいん
大徳寺の塔頭。1583年(天正11年)に織田信長の菩提を弔うために古渓宗陳(こ…

10

釘抜地蔵 石像寺
釘抜地蔵 石像寺
124
弘法大師が唐から持ち帰った石を刻んだとされる地蔵を祀る。この地蔵が、人々の身体や心の苦し…
仁和寺
仁和寺
5518
仁和寺といえば遅咲きで知られる御室の桜。市中の桜がおよそ散り始めたころに、低い木に豪華な…
養源院
養源院
1511
1594年(文禄3年)に秀吉の側室淀殿によって、父浅井長政の供養のために建てられた。養源院は長政…
禅華院
禅華院
1016
修学院離宮の南西に位置する小さな寺が臨済宗大徳寺派に属する解脱山禅華院である。 狭い境…
三十三間堂
三十三間堂
309105
三十三間堂の金色に輝く千一体の観音像は息をのむほど壮観で迫力がある。三十三間堂の異様に長…
法然院
法然院
4112
鬱蒼とした竹林の先に見える法然院の茅葺の門は、京都でも指折りの景観である。哲学の道を東に…
青蓮院門跡
青蓮院門跡
93
境内奥(南側)に西面して建つ方三間、宝形造の小堂。堂内の厨子にはご本尊「熾盛光如来」の曼…
常寂光寺
常寂光寺
112
本堂は、第二世通明院日韶上人(日野大納言輝資の息男)代に小早川秀秋の助力を得て、桃山城客殿…
六角堂
六角堂
1010
「六角さん」の名称で、京の町の人々から親しまれている六角堂は、正式には紫雲山頂法寺(ちょう…
六波羅蜜寺
六波羅蜜寺
5117
六波羅蜜寺がある辺りは六道の辻(ろくどうのつじ)と呼ばれ、あの世とこの世の境目にあたるとこ…