コトログ京都

天寧寺 - 【完全版】2019年京都観光の穴場937選!

現在地から探す
てんねいじ

天寧寺

曹洞宗。本尊は釈迦如来像。山門を一に「額縁門」とも称する。天正年間(1573〜92)会津城下より移ったと伝える。境内観音堂には、後水尾天皇念持仏と伝える聖観音像と、東福門院念持仏と伝える薬師如来像を安置。境内墓地には、茶人金森宗和、剣道示現流の開祖といわれる善吉和尚や慈野井家累代の墓がある。境内、本堂前のカヤの大木は昭和62年京都市登録天然記念物に指定される。また、本堂、書院、表門(山門)は平成14年京都市指定有形文化財に指定される。

地図で見る

交通アクセス

京都バス 烏丸中学前
徒歩9分程度
京都バス 烏丸鞍馬口
徒歩6分程度
京都市バス 下総町
徒歩9分程度
京都市バス 出雲路橋
徒歩3分程度
京都市バス 出雲路俵町
徒歩4分程度
京都市バス 出雲路神楽町
徒歩8分程度
京都市営地下鉄 鞍馬口
徒歩6分程度