コトログ京都

釘抜地蔵 石像寺 - 【完全版】2021年京都観光の穴場937選!

現在地から探す
しゃくぞうじ

釘抜地蔵 石像寺

弘法大師が唐から持ち帰った石を刻んだとされる地蔵を祀る。この地蔵が、人々の身体や心の苦しみを抜き取るということから苦抜き(くぬき)地蔵、そして釘抜地蔵と呼ばれるようになった。お堂の周りには、釘や釘抜きが付いた絵馬が数多く掲げられている。境内へは気軽にお参りができる、庶民的なお寺だ。痛みや苦しみをすっと抜いて下さるお地蔵様。

地図で見る

交通アクセス

京都市バス 乾隆校前
徒歩2分程度
京都市バス 千本上立売
徒歩1分程度