コトログ京都

耳塚 - 京都観光地おすすめランキング

現在地から探す
みみづか

耳塚

豊国神社門前にある史跡で鼻塚とも呼ばれる。豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役1592年~1598年)のうち、慶長の役で戦功の証として討ち取った朝鮮・明国人の耳や鼻をはなそぎし持ち帰ったものを葬った塚。当初は「鼻塚」と呼ばれていた。しかし林羅山がその著書『豊臣秀吉譜』の中で鼻そぎでは野蛮だというので「耳塚」と書いて以降、耳塚という呼称が広まったようである。2万人分の耳と鼻が埋められている。

地図で見る

交通アクセス

京都市バス 東山七条
徒歩8分程度
京都市バス 博物館三十三間堂前
徒歩4分程度
京都市バス 七条京阪前
徒歩5分程度
京阪電鉄 七条
徒歩6分程度

10

蛤御門
蛤御門
458
御苑の周りには、かつての公家町と市中の境界であった九つの御門があります。この蛤御門は、も…
桂小五郎銅像
桂小五郎銅像
288
長州藩京都屋敷があった場所である京都ホテルオークラ北西の角に桂小五郎の像が鎮座している。…
坂本龍馬寓居趾
坂本龍馬寓居趾
103
坂本龍馬は土佐藩郷士の家に生まれ,武市瑞山の土佐勤王党に入った。のち脱藩し江戸に出て軍艦…
古高俊太郎邸跡
古高俊太郎邸跡
143
古高俊太郎は近江国出身の尊皇攘夷派の志士。湯浅喜右衛門と称し、京都で薪炭商を営み志士らを…
坂本龍馬・中岡慎太郎の墓
坂本龍馬・中岡慎太郎の墓
3012
京都霊山護国神社に眠る、坂本龍馬と中岡慎太郎の墓。明治維新の実現に大きな働きをしたこの土…
新選組屯所 旧前川邸
新選組屯所 旧前川邸
4020
文久3(1863)年から約2年間、壬生の前川荘司邸は、新選組の屯所となった。今は一般公開はされ…
愛宕古道街道
愛宕古道街道
289
愛宕古道街道 奥嵯峨野。念仏寺の千灯供養と地域の地蔵盆とに合わせて、愛宕古道街道灯し(あた…
広沢の池
広沢の池
147
他府県の方には意外と知られていない広沢の池。 広沢池(ひろさわのいけ)は、京都市右京区の嵯…
岩倉具視幽棲旧宅
岩倉具視幽棲旧宅
121
岩倉具視幽棲旧宅は、幕末明治の政治家岩倉具視が1862年から5年間幽棲した邸宅です。ここで薩摩…
池田屋騒動址
池田屋騒動址
3715
文久3(1863)年8月18日の政変後、京都では公武合体派が勢力を伸ばし尊王攘夷派が圧迫されたため…